映画『ファイティング・タイガー』感想:主演が氷川きよしにしか見えない。

2013年作品 105分

原題:Man of Tai Chi

ジャンル:アクション

製作国:アメリカ/中国/香港

監督:キアヌ・リーヴス(マトリックス、ジョン・ウィック)

出演

タイガー・チェン(Triple Threat)

キアヌ・リーヴス

イコ・ウワイス(マイル22、ザ・レイド)

サイモン・ヤム(ドラゴン・マッハ!)

 

あらすじ

 「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーヴスが監督デビューを飾った米中合作のカンフー映画。主演はスタントマン出身で「マトリックス」シリーズにも参加したタイガー・チェン、共演に「クローサー」のカレン・モク、「エレクション」のサイモン・ヤム。また武術指導も「マトリックス」シリーズのユエン・ウーピンが担当。DVD&ブルーレイ発売に先立ち、一部劇場での上映も実現した。<allcinema>

キアヌ・リーヴスが監督を務める意欲作

どうも、クラウンです(・∀・)

『ジョン・ウィック』シリーズが完全な当たり役となって大ヒット中のキアヌ・リーヴスですが、

その『ジョン・ウィック』のシリーズ第一作目が公開される前にこんな作品を作っておりました。

その名も『ファイティング・タイガー』

なんと、キアヌ・リーヴス自らが監督とラスボスを演じる贅沢な作品✨✨

ただ、これが評判はあまり良くない笑

個人的には、キアヌって監督も出来るんだ〜と感心してたもんなのですが、

世間の評価は手厳しいですなぁ😣

主演は流し見すると氷川きよしに見えるタイガー・チェン。

考えようによっては氷川きよし主演のアクション映画とも取れますな(全く違う)

そんな氷川きよし似の主人公タイガーが、闇の格闘技を戦い続けるだけのわりとシンプルなストーリー。

タイガー・チェンの太極拳を駆使したアクションと、様々なタイプの拳法を駆使する敵との戦いは観ててなかなか熱い✨

『ザ・レイド』のイコ・ウワイスも出演しておりますので、やべえバトルが始まっちまう!!!と、かなり期待大の登場だったのですが、

何故かさほど戦わずに退場してしまいました😣

その後特には登場せず。

なぜだ、なぜだキアヌよ。

なぜイコ・ウワイスを無駄に消費してしまったのだ…。

イコ・ウワイス暴れさせといたら喜ぶ層結構おるでな…😥😥

 

 

キアヌは監督を務めながら出演もしていますが、最後の敵をキアヌ自らが演じます。

ココまでに出てきたキレッキレの動きを見せる敵に比べると、正直動き鈍くない?

あれ?もしかして今までの敵より弱そうじゃない?🤔

でもいいんです、タイガー・チェンのキレキレアクションを観れればそれで。

氷川きよしがキレキレのアクションをこなしてると思って観てください笑

と言うか、氷川きよしって相当鍛えてるから意外とこういう動きもできそうな笑

 

キアヌ・リーヴスも手探りで撮ってたような気もしなくない本作ですが、

『ジョン・ウィック』三部作を経てスーパーアクションスターとしてカムバックした今なら、

スーパーアクション満載の映画を撮ってくれそうな予感も。

今回は評判良くなかったけどまた監督としてアクション映画撮って欲しいなキアヌ。

キアヌの映画を全世界が待っている!!!かも

オススメ度★★★

Author: クラウン

コメントを残す